山羊汁は野性的。

清原翔さんがいた。誰かを待ちながらふたりで話をする。そこに誰かが来たところで目が覚めた。見慣れない天井。脳出血で入院中とのニュースを見たが、またテレビや雑誌で見られる日を楽しみに。

 

今朝も大浴場に行くおっとと見送る。シャワーを浴びて着替える。

 

朝ご飯は和食定食。ジュースと一緒並んでいるシャンパン、スパークリングワインかもしれないが、アルコール入りの泡を飲む。朝から優雅な感じ。これから車に乗る人が多いのだろう、シャンパンを飲んでいるのはわたしら夫婦だけだった。ここにアルコールがあるのはなかなか罠だと思う。飲酒運転、絶対ダメ。

 

久米島空港を見にホテルを出る。ホテルの周りにあったのはサトウキビ畑と沖縄独特の大きなお墓。初めて沖縄に来たとき、この大きなお墓を公衆トイレと勘違いした。大変失礼な話だ。

 

空港周りに咲いているオレンジ色の彼岸花を撮ったりいろんな種類のハイビスカスを撮ったりして楽しむ。空港は静かだった。これから賑わうのだろう、金曜日だし。

 

ホテルまで浜辺を歩く。

 

お昼に山羊汁とスパムおにぎりを買い、ふたりで半分こした。山羊汁は野性的な味がした。クセの塊。

 

午後はホテル前の海でシュノーケリング久米島の魚は宮古島や大島と比べると派手さはない。その中であきらかにわたしたちに敵意剥き出しの魚が1匹いた。式根島で魚に足をつつかれまくったことを思い出す。

 

夕方まで海を出たり入ったりして部屋に戻った。

 

大浴場で冷えた体を温める。10月に海に入るのは初めてだが、8月9月と比べるとやはり寒い。風が強いせいもあるだろうけど。

 

夕食は赤鶏のソテー。前菜でカルパッチョが出たが、昨日の刺身につづいて魚がおいしい。

 

部屋に戻り、お土産用に買った酒を開けた。泡盛、昔は苦手だったが沖縄に何度も訪れるうちに好きになった。

 

10時、ベッドに入る。今日はよく泳いだのでぐっすり眠れそうだ。